毛虫が何日も前からミカンの皮を食べています

食べようと思って置いてあったミカンを見てみると、可愛いケムシが乗っかっていました。

よく見てみると、表面の皮をむしりながら何か食べているみたいです。

細かい皮がミカンの下に粒々落ちていました。

それ見て思ったのですが、これってカイメンの上の粒々を食べるウミウシと同じじゃん^^

陸の生き物と水中の生き物の共通点みたいなものを発見した気がした瞬間でした。

ケムシ好きだからしばらく観察しましたが、3日目にミカンの下に落ちてましたよケムシ。

もうミカンじゃないものが食べたくて降りたのかな・・・

なので外の樹の葉に乗せてあげました。

ミカンに乗って皮を食べているケムシ

PADIのダイブリゾートになって25年ですって

PADIから贈り物が届きました。

今年ダイブセンター登録してから25周年だったようです。

以前にも20年や15年の時にも盾が届きました。

毎回形が違うんですね。

今回はシリンダーの形でカラフルでした。

クラウン始めてからすぐダイブリゾートに登録したわけではないので、お店の年数とズレがあってあまりピンと来ませんが、お店のスタートから四半世紀以上の時間が過ぎたことは確かに実感しますね。

皆様に支えられての今があることを感謝しました。

関わってくださった皆様にお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

Crown Divers for 25 years of Outstanding Service.
PIRAになって25周年^^

毎年恒例の海中清掃で神湊の湾内を掃除して来ました

今年も年一の海中清掃です。

神湊の漁港の出入り口を2チームに分かれて掃除して来ました。

僕は今年はちゃんと戦力になりましたよ^^

なぜかというと、宝の山を見つけたからです。

ゴミ拾いの楽しいところはいくつか理由があるのですが、まずゴミを拾う目的で入っていますから集中します。

すると、ゴミを見つけた時にいいものを見つけた気分になるんです^^

また沢山ゴミが溜まっている場所を見つけたら、それは宝の山を見つけた気分になるんです。

なので40分の潜水時間もあっという間です。

同じ種類の缶コーヒーが沢山捨てられている場所にミナミハコフグの幼魚がいて、なんだか変な景色でした。

缶コーヒーの空き缶の近くに住んでいるミナミハコフグの幼魚
ミナミハコフグに申し訳ない気分
港に大量に捨られている缶コーヒーの空き缶
同じ人が捨てたのかな・・・港はゴミ箱か・・・
海底に沈んでいるペットボトルのゴミ
ペットボトルも沢山沈んでいます
港の出入り口で拾ってきたゴミ
釣り糸も仕掛けも多いです

カエルアンコウが豊作だから僕でも探せます

今年は本当にカエルアンコウが豊作な気がします。

ガイド仲間たちに教えてもらうことが沢山あります。

そんな中、僕でも教えてあげられる時があるくらいにカエルアンコウが沢山います。

擬態しているのを見つけるのは楽しいですね。

今では爪の大きさくらいのチビちゃんが増えて来ています。

確実に世代交代、生き物のリレーが続いています。

オレンジ色のカイメンに擬態しているイロカエルアンコウ
見事にカイメンに擬態していますね
カイメンそっくりのイロカエルアンコウの顔のアップ
カイメンの質感がたまらない

ピンクちゃんを探しに行きましたけど見れなかった

昨日見られなかったピンクちゃんを探しに行ったのですが・・・

そんな広い範囲を探す必要はないはずなのに、しばらく見つけられないと目が泳いじゃってダメですね。

あえなく撃沈でした(>_<)

他のアンコウは安定してみられているのに・・・

諦めてそのほかの生き物を探すことにしたのですが、それまでの捜索の時間がたたって、寄りたい所にも寄れずに帰ることに。

またしばらくしたら会えるかな。

<気温:17℃ 水温:22℃ 透明度:30m>

カイメンの穴の中にいるラベンダーウミウシ
ちっちゃいラベンダーウミウシ
イソバナに隠れている気になっているノコギリハギの成魚
大きくなってもイソバナが好きなノコギリハギ
海藻の上で上を向いているヘビギンポの幼魚
ヘビギンポのちびちゃん
ドット柄が可愛いシボリキンチャクフグ
シボリキンチャクフグも増えたかも
イソバナに乗っているツマニケボリガイ
ツマニケボリガイ

冬なのに風が全くなくナズマド入れて穏やか

全く冬らしくない無風状態で南側の海も静かになりました。

ナズマドは沖に速い潮がありますが、寄ってこないので安心して潜れます^^

撮るもの沢山のヤエネコも楽しいので3本目はヤエネコでした。

今日も僕は探せなかった行方不明のピンクちゃんをゲストさんが撮ってました^^;

ログつけている時に写真を見せられてビックリ!

えーーーー、どこにいたのぉ???

忘れていたオレンジのガサガサイロケロちゃんも見てない・・・

えーーーー、それもどこにいたのぉ???

明日探しに行かないと・・・

<気温:17℃ 水温:22℃ 透明度:30m>

カイメンにくっついて擬態しているオオモンカエルアンコウ
ピンクちゃんいたのね・・・見てない・・・
7センチくらいの大きさのオレンジ色のイロカエルアンコウ
このケロちゃんは潜降する時に水底にいました
ガヤに留まっている抱卵しているカゲロウカクレエビ
クロガヤについているので黒っぽいカゲロウカクレエビ
触角のオレンジの輪っかの本数が違うウミウシ
アジサイとニヨリセンテンイロウミウシかな
サンゴの隙間に一緒に住んでいるミナミトゲアシガニとコバンハゼの仲間
ミナミトゲアシガニとコバンハゼちゃん

ポカポカ陽気に素敵なご家族と体験ダイビング

ポカポカ陽気で少し暑いくらい。

八重根のネコちゃんたちもゴロゴロ伸びています。

今日は知り合いの方からのご紹介で、ご家族の体験ダイビングでした。

水中は全く寒くないということで一安心。

確かに水温は22度あるので、春と変わらないですからね。

カメにも沢山会えたし、記念写真も撮れてよかったな^^

楽しい家族旅行のお手伝いができました。

<気温:17℃ 水温:22℃ 透明度:30m>

親子で体験ダイビングしている様子
ちゃんと潜れて上手でした
カメと一緒に記念写真を撮るダイバー
カメと一緒に記念写真^^

シマキンチャクフグいる所にノコギリハギあり

今日も八重根マスターです。

スクーター使っているのでどこでもスイスイ行けるので沖まで行くのも快適です^^

オオイソバナに可愛いノコギリハギのチビちゃんがついている時期がありますが、そのノコギリハギが真似している側のシマキンチャクフグが近くにいました。

昔からセットでいたんでしょうね。

だからノコギリハギは長い時間をかけて「フグに似ちゃおうかな」って考えて進化したんでしょうね。

僕もイケメン俳優をジーーーーっと見てたら似るのかな・・・

残りの人生じゃ間に合わないか>_<

<気温:17℃ 水温:22℃ 透明度:30m>

岩場の陰に隠れているシマキンチャクフグ
シマキンチャクフグ
コケムシを食べているヒオドシユビウミウシ
ヒオドシユビウミウシ
アオウミガメに残っている陸にいた頃の名残のツメ
アオウミガメの後ろ足に残っているツメ

「しまぽ通貨」使ってね^^
八丈島にお越しの際には是非「しまぽ通貨」をご利用ください。
本人認証はご自宅で事前登録だけ済ませておくと現地に来てからスムースですよ。
パッケージ旅行でも「宿代を現地払いにする」ことが条件ですので忘れないでね。

◆しまぽの使い方
https://shimapo.com/howtouse#howto-3

◆しまぽ発行ページ
https://ws.shimapo.com

擬態の名人カミソリウオがカイメンに超ソックリでびっくり

カエルアンコウの擬態も見事ですが、カミソリウオの擬態も負けてはいません。

カイメンの中でほぼそっくりな色と形で見事に溶け込んでいます。

カイメンの先っぽの形とカミソリウオの尾っぽの形もよく似ていること!

びっくりです^^

どれくらいの時間をかけてそっくりになるように変化したのでしょうか。

完璧なコピーに本人も自信たっぷりでしょうね。

「ワタシ絶対に見つかってないから!」って。

<気温:17℃ 水温:22℃ 透明度:30m>

カイメンにそっくりに擬態しているカミソリウオ
カイメンそっくりカミソリウオ
触角が可愛いハンゲツオトメウミウシ
ハンゲツオトメウミウシ
海藻に寄りかかって隠れているオオモンカエルアンコウ
海藻に寄りかかって隠れています

「しまぽ通貨」使ってね^^
八丈島にお越しの際には是非「しまぽ通貨」をご利用ください。
本人認証はご自宅で事前登録だけ済ませておくと現地に来てからスムースですよ。
パッケージ旅行でも「宿代を現地払いにする」ことが条件ですので忘れないでね。

◆しまぽの使い方
https://shimapo.com/howtouse#howto-3

◆しまぽ発行ページ
https://ws.shimapo.com

ハクセンミノウミウシ属でも和名がまだない

新しいウミウシの図鑑には1200種類以上のウミウシが載っていますが、その中には標準和名をつけてもらっていない種類がまだいます。

名前をつけてもらったところで覚える自信がありませんが・・・

人の名前だって1200人も覚えてないし・・・

「可愛いくてキレイ」でいいじゃないか、と諦めたくなります。

ハクセンミノウミウシよりもこちらの属の1種の方がよく見かけている感じなので、ぜひ和名が欲しいところ。

学名では親しみを感じないので、ぜひ似合った名前をちょーだい!

ウミウシはこれからも種類は増えていくんでしょうね^^;

八丈島にもウミウシの季節がやって来ました。

一年を通してみられるウミウシもいますが、季節感のあるウミウシが出てきます。

チビちゃんのウミウシも出て来ます。

岩場を観察するのが楽しい季節になって来ましたよ。

コケムシを食べている小さなハクセンミノウミウシ
ハクセンミノウミウシ属の1種3