ヤエネコでクジラの声を聞きながら大きなサメに会いました

「じゅ」とゲストさんはヤエネコに出かけていきました。

昨年の秋以来のご来店、ありがとうございます^^

早いお帰り嬉しいワン!

いきなりでっかいメジロザメ系のサメやマダラエイが見れたようです。

ラッキーでしたね!

関東の海辺に比べて八丈島の水温はまだ寒くないと快適に潜っていただけたようです。

<気温:14℃ 水温:20℃ 透明度:30m>

ウミガメに優しく手を振るダイバー
カメに優しく手を振るゲストさん

どうやらウチワザメは今シーズンの見納めになりそうですね

先日から沖の砂地に1匹だけ残っているオスのウチワザメ。

もしかしてメスを探してウロウロしているのかしら・・・

もうメスもお友達もみんな沖に戻っちゃったんじゃないのぉ??

なんで君はまだ残ってるのぉ〜

なんだか寂しそうに泳いでいるのが印象的でした。

彼を見かけなくなったら来年の冬までウチワザメとはしばしのお別れですね。

湾内のフリソデエビは新しいヒトデ抱えていました。

しばらくは落ち着いて住んでいてくれるかな。

<気温:12℃ 水温:20℃ 透明度:30m>

砂地を泳いでいるウチワザメ
このウチワザメのオスが最後かな
ヒトデを抱えて食べているフリソデエビ
新しいゴハン
頭の上を通過しているアオウミガメ
湾内はカメゴローです
海藻に尻尾をつけて動かないようにしているイロカエルアンコウの幼魚
今日がお誕生日のゲストさんの撮影

5ケロでコンプリートで満足だけどきっともっといるに違いない

毎日可愛いカエルアンコウが沢山みられて楽しいですが、これだけいるということは、きっともっといるっていうことですよね?

こんな状況だから僕でも見つけられるチャンスが増えてるってことだよなぁ^^

ちゃんと食べて大きくなって色々な大きさや色のカエルアンコウを観察したいものです。

そしてそのうち春になって今度はウミコチョウ祭りになるかしら・・・

それともウミウシのように全くいなくなっちゃうのかしら・・・

生き物たちの数の調整は不思議だらけで謎ですね。

<気温:11℃ 水温:20℃ 透明度:30m>

5匹のカエルアンコウを集めたデザイン
5ケロで大満足です
カメを観察しているダイバー
カメだって湾内に5ひき

八重根のネコちゃんたちは冬になると丸々してきます

毎日八重根だけど楽しいですね。

みんなで八重根マスター!

クジラの声も聞こえて季節感もタップリ。

ネコちゃんたちも寒いからよく食べるのか毛の間に空気を入れているのか、夏よりも膨らんでいるように感じます。

みんな丸々としていて可愛いです^^

僕の推しネコも可愛く太っています。

<気温:13℃ 水温:20℃ 透明度:30m>

八重根のネコたち
丸いでしょ
八重根のネコたち
寄ってきた

極小のイロカエルアンコウを見つけてもらいました

冬に入ってからカエルアンコウが増えている実感がありますが、今日もゲストさんに極小の黄色いイロカエルアンコウを見つけてもらいました。

あまりの小ささに初めはイメージできずにウミコチョウかと思ってしまいました^^;

「ウミコチョウ出てくるのはいなぁ・・・」なんて思いながらしばらくみていたら、それはイロカエルアンコウの顔の部分でした(>_<)

こうなると水底にはかなり沢山のちびちゃんがころがっているのかしら???

<気温:12℃ 水温:20℃ 透明度:30m>

指の爪よりも小さなイロカエルアンコウ
頭でっかちのイロケロ
水玉の柄が可愛いイロカエルアンコウ
水玉も健在です
海藻の陰に隠れているクマドリカエルアンコウ
上手に隠れています
顔の色がオレンジで綺麗なレンテンヤッコ
アイシャドーがステキ

相変わらず湾内のカメは沢山いてくれていいですね

おめでたいエビに続いて今日はカメ。

人が少なくなった冬場の海はカメも安心してご飯を食べに来ている感じです。

湾内には5匹も入って来ていて、体験ダイビングの人たちを楽しませてくれています。

カメは万年、縁起物として有難い生き物がいつも視界に入ってくる八重根はいいところだ^^

<気温:12℃ 水温:20℃ 透明度:30m>

二匹のカメが水底の海藻を食べている
おっとりとした動きがいいですね
海藻の陰に隠れている真っ黒なイロカエルアンコウ
黒いイロカエルアンコウも小さかったな
カイメンに海藻などがついているように擬態しているイロアケルアンコウ
カイメンに海藻などがついているように擬態しているイロアケルアンコウ
目の上のチョンチョン眉毛が可愛いセダカギンポ
目の上のチョンチョン眉毛が可愛いセダカギンポ

新年明けましておめでとうございます

2023年、新春のお慶びを申し上げます。

今年クラウンダイバースは30周年を迎えます。

これまで支えてくださった皆様に感謝申し上げます。

これからもご来店の皆様には、島での楽しい休日をお過ごしいただけるようおもてなしをさせていただきます。

本年も今まで同様に変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。


新年は八重根からのスタートで年末年始らしいですね。

おめでたい気分に浸りたいので、これはエビだな!ということでエビを見て来ました^^

フリソデエビもソリハシコモンエビもクシノハカクレエビも色がおめでたい感じですよね。

干支ではないけどハチジョウタツも縁起が良さそうで追加で加えてみました。

<気温:13℃ 水温:20℃ 透明度:30m>

砂地を歩くフリソデエビ
フリソデだから成人式用か?でもおめでたいからいっか
赤白がおめでたいソリハシコモンエビ
ソリハシも紅白でおめでたい生き物
水底で擬態しているハチジョウタツ
ついでにハチジョウタツもおめでたい生き物に追加

ハチジョウタツを探していたらヒレギレイカがいました

やはり12月に入ると時間の流れが早かった!

あっという間に大晦日です。

今年一年を冷静に振り返る間も無く八重根で潜り納めでした。

久しぶりにハチジョウタツ見ようと探していると、チョロチョロとヒレギレイカが動いていました。

しばらく見ていると海藻に止まったので撮ってみました。

ボディも可愛いし目も可愛いです。

今年最後のワライヤドリエビの安否確認もできました。

10月にカエデが亡くなり大きな悲しみが心の多くを占めていますが、今年一緒に潜っていただいた皆様との沢山の楽しい時間が癒してくれています。

ありがとうございます。

来年もこれまで同様に楽しい時間をご一緒できますよう、心より願っています。

<気温:13℃ 水温:20℃ 透明度:30m>

海藻の陰に隠れているヒレギレイカ
ヒレギレイカ
ハナガタサンゴの中に埋もれているワライヤドリエビ
ワライヤドリエビ
透明な海に浮かぶダイバー
透明度はよかったです
カイメンに寄りかかるオレンジ色のイロカエルアンコウ
擬態の名人イロカエルアンコウ

100ダイブの記念にお祝いのケーキのお裾分け

今日は昨日より寒くなったとみんな言っております。

八重根の水温もチョビ下がりましたが、それでも飛び込んだ後にじわじわとグローブの中が温かく感じられます。

水温の20度ってそんな感じなんですよ。

クラウンお初のゲストさんですが、今日が100本の記念ダイブになりました。

お祝いのケーキを他のゲストさんにも分けていただき幸せのお裾分け^^

水中はケロちゃん何とか二匹見れてホッとしました。

<気温:12℃ 水温:20.4℃ 透明度:25m>

100ダイブ記念のケーキ
100ダイブ到達おめでとうございます
カメと一緒に写真を撮るダイバー
湾内のカメもお祝い
穴の中から半身を出しているオレンジ色のイロカエルアンコウ
穴ぼこの中にいたので見つけるの大変でした
ハナミノカサゴの幼魚
幼魚も元気に泳いでいます

今日も八重根の海にはクジラの声が聞こえています

「じゅ」が言ってましたが、特に午前中が大きな声で唄っているそうです。

確かに僕もお店からクジラの背中が見えたのは午前中だったな。

今日も日差しがあったのでそこまで寒くはなかったかな。

何より冬至を過ぎたことが嬉しくて、少々のことなら耐えられます^^

アロエの花も真っ盛りですね。

<気温:13℃ 水温:20℃ 透明度:25m>

今が盛りのオレンジ色が鮮やかなアロエの花
これを天ぷらでも食べるんですよ