お店からクジラのブローと黒い背中が見えました

水面には白波も消えて静かになったこともあって、お店から海を見るとクジラのブローと背中が見えました。

クジラが漁船くらい大きいから肉眼でも見えちゃってびっくりです。

今年は個体数が少ないように感じますが、こうして海を見たときにクジラの存在を感じられるのはいい環境だなぁと思います。

<気温:14℃ 水温:20℃ 透明度:25m>

遠く海の水面にクジラの背中が見えた
黒い背中もブローも見えました
水底の餌を探しているサザナミフグ
ご飯を探して砂をフーフーしていました
ウルマカサゴのカラフルな顔
久々にウルマちゃん
八重根の海に沈んでいく夕日
これからは夕日が右に動いていきます

イロカエルアンコウに寄っていくコンガスリウミウシ

今日も海はヤエネコだよー。

この年末年始はみんなで八重根番長かな・・・

コンガスリがカイメンそっくりのイロカエルアンコウに寄っていく・・・

カイメンと間違えてかじっちゃったりしてね^^;

僕達からしてみればソックリの食品サンプルのようにカイメンに似ているけど、海の生き物にしてみれば匂いで食べ物じゃないってわかるよね、きっと。

<気温:12℃ 水温:20℃ 透明度:25m>

とうとうお店の中まで入ってくるようになりました

このところの冬型の気圧配置のため、八丈島でも気温が下がり、加えて風も強いので体感温度も下がっています。

それはネコちゃんも同じようですね・・・

ポカポカの日に器材洗い場で日向ぼっこしている黒ネコを見かける回数が増えて来ているのを感じますが、そんな地域ネコの中の一匹で尻尾の先が白い茶トラが、とうとうお店の中に入って来ていました^^

店内で仕事していた「じゅ」が気配に気がついて顔を上げると、見つかってしまったとばかりに出口に向かって歩いていくネコちゃんを見かけたそうです。

帰り際にチラッとコチラを見るところが可愛いです^^

また来ないかなぁ・・・

今日の海はヤエネコでした。

昨日よりはまた少し海が落ち着きました。

クジラの声も聞こえています。

お店の中から出ていく地域ネコ
お店を出ていく地域ネコ

八重根ではうっすらクジラの声が聞こえました

最近は冬らしい天気で、船の欠航が続いています。

海もシケシケです。

午前中に見た八重根がウネウネなので、神湊からスタートしました。

今日もテングモウミウシの牧場を発見したので嬉しかった^^

午後は何とか八重根が潜れるようになったので入ったものの・・・

揺れる・・・そんな中でうっすらクジラの声が聞こえてきましたよ。

<気温:13℃ 水温:20℃ 透明度:20m>

空を見上げるハダカハオコゼ
ハダカハオコゼ
ウネリに耐えるクマドリカエルアンコウ
ウネリに耐えていました
触角の縞々が綺麗なマダライロウミウシ
ツノが綺麗なマダライロ
雪の中にいるようなテングモウミウシ
雪の中にいるようで季節感がでました

おめでとうございます。今日は冬至です!

おめでとうございます!

今日は二十四節気の中の「冬至」です。

カピバラが柚子湯につかる日です。

昼間の時間がどんどん長くなって、これから半年はとても楽しい気分でいられます^^

夏至を過ぎてからずっと今日の冬至を待っていました(>_<)

冬で寒くても明日から楽しい!

ウミガメと一緒に冬至を祝う

「じゅ」はナズマドに僕はヤエネコにG0!

今日は冬の気圧配置が緩んで弱い風と収まったウネリ。

ものすごく透明度がいいですね。

水面も静かだから光が十分に入ってきます。

余裕で30mありますし、ちゃんと測れば40m見えてるかもなぁ。

八重根でもナズマドでもクジラの雰囲気はなく声を聞くことはできませんでした。

それでも「じゅ」はハンマーヘッド見て来たようです。

僕は普段寄らない場所に何かいないかなぁって水底をじわじわ眺めてました。

これといった収穫はなかったのですが・・・^^;

大好きなカイメンやホヤたちを愛でている時間は楽しかったです。

体にカイメンや海藻、砂つぶなどをつける系のカニも沢山歩いていました。

ゴニョゴニョした水底にはゴニョゴニョを必要とする生き物が住んでるんですね。

<気温:14℃ 水温:20℃ 透明度:30mオーバー>

海藻のコブシミルに乗っかるエンビキセワタ
コブシミルに乗っかるエンビキセワタ
巣穴からコチラを見ているメガネスズメダイ
メガネスズメダイ
アオモグサの上を器用に歩くコノハミドリガイ
アオモグサの上を器用に歩く

クマドリカエルアンコウとイロカエルアンコウ

今年のクジラシーズンでお初のホエールソングが聴きこえました^^

僕の耳にもやっとクジラの声が聞こえてホッとしました。

低いのと高いのが交互に2頭の声でした。

レギュレーターの排気音の合間にBGMが聞こえてくる海なんて気分がいい^^

ガイド仲間に新しく黄色のクマドリカエルアンコウ教えてもらったので、行方不明になったオオモンケロちゃんの代わりで頑張ってもらわねば。

ウスカワカニノテの陰に隠れている水玉のイロカエルアンコウもさらに海藻に埋もれて見えづらくはなるものの、じっとしてくれていました。

先月まで小さくてカスリ模様がまだないコンガスリばかりでしたが、ようやく親の大きさになって柄がはっきりして来ました。

ウネリが止まっている間にまたウミウシ戻ってくるかな。

<気温:10℃ 水温:20℃ 透明度:25-30m>

海藻に寄りかかっている黄色いクマドリカエルアンコウ
クマドリカエルアンコウ
更に海藻に潜っているイロカエルアンコウ
イロカエルアンコウ
大人の柄になったコンガスリウミウシ
コンガスリ

今日も大シケは変わらないので八重根と神湊

昨日と変わらない荒れた海ですが何とか潜れています。

水中がユレユレなのは変わりないのですが^^;

あまりにうねっているのでウミウシも引っ込み気味。

そこでまた今日も神湊でヒツジたちを探しです。

今日はテングモウミウシ以外にもネオンモも見つけることができたし、集団でいるところも見られました。

目が慣れて来たのかな。

<気温:11℃ 水温:20℃ 透明度:15-25m>

見つめ合うテングモウミウシのペア
可愛いテングモウミウシ
砂泥地に集まっているテングモウミウシ
テングモウミウシ沢山集まっていましてあ
真っ白なサツマカサゴ
羽広げて休んでるみたい

大シケで台風のような荒れっぷりですが潜れました

今日は東海汽船は欠航です。

そりゃそうだっていうくらい海は大時化です。

八重根側も底土側も沖は白波がものすごい・・・

それでも水中はなんとか潜れましたな。

流石に午後は八重根も無理なので神湊でテングモウミウシ探ししました。

二匹見つかってよかったな^^

明日は八重根少しマシになるといいなぁ。

あっ、防災無線で明日の東海汽船も来ないことが決まったみたいです。

<気温:10℃ 水温:20℃ 透明度:20m>

海藻の陰に隠れているイロカエルアンコウの幼魚
ちびちゃんまだいてくれました
水底の砂にそっくりなテングモウミウシ
テングモ見つけられてホッとしました

年末の大掃除のように僕のレギュレーターもオーバーホール

あっという間に12月も終わりそうです。

今年頑張ってくれた器材を労わる季節がやって来ました。

まずはレンタル器材よりも使用頻度が高い僕のレギュレーターからオーバーホール。

ダイアフラムタイプのファーストステージを使っているので、長い使用でもパーツが汚れにくく、洗浄は簡単にキレイになります。

毎年オーバーホールしているので、各パーツもちゃんとスルスル分解できて結果として器材を傷めないで済んでいます。

これから順次レンタルのレギュレーターも労ってあげないと^^

あっ、「じゅ」のレギュレーターが先か^^;

レギュレーターを分解しているところ
今日は自分のMK17をオーバーホール