ウェットスーツの下に着る1mmスーツがなかなか使い勝手がいいかも

今日もまだまだ海は静かで嬉しすぎる。

そしてこの先もしばらくはナズマド側の海がベッタリ予報です。

毎日言いたい!この季節が最高だ!

ということで今日は5mmのウェットスーツの下に着る1mmのスーツが来たのでお試しでウェットスーツダイブしてきました。

この1mmスーツを使おうと思ったキッカケは、陸は気温が高く晴れて汗ダクだけど水温は22度前後というコンディションでのスーツ選びの際の選択肢になるかどうかのテストです。

汗ダクになってもドライスーツで潜れば済む話なんですけど、ちょっと不快指数が高いのとその汗のせいで潜る度に着替えなければならないので返ってウェットスーツの方が手間がないと思うんです。

またウェットスーツもファスナーなしのスーツであれば何も追加で下に更にスーツ着ることもなく行けるんでしょう。

でも僕の5mmのスーツはロングコイルファスナーのタイプなので身生地は5mmあってもファスナー周りからの浸水がそれなりに冷たく感じるんです。

手首足首もファスナーの開閉があるためにドライスーツのようにぴっちりシールできないので水は入ってきます。

やはり保温性の観点からは、手首も足首もファスナーがない方がいいですし、首もドライスーツような折り返しのスキン素材がいいですし、背中にしても胸にしても防水ジップならなお結構です。

そうなればもうセミドライを作ればいいじゃないか、ってことになりますよね。

いつか作ることになるとは思いますが、いろいろなこだわりが理由で今ではない・・・

ロングコイルファスナータイプのウェットスーツは着やすさを優先させることで保温性を犠牲にしていますが、夏の水温が25度以上の環境ではそのファスナーが効果を発揮して快適です。

あちらを立てればこちらが立たずで、低めの水温の時には背中や手足首ファスナーからの浸水でひやっとさせられるんです。

それを克服するために今回1mmスーツの下半身を試そうというわけです。

結果はかなり快適!

自分の体に直接水が触っている感触がないくらい水を感じませんでした。

イコール寒くないというのが感想です。

水温だけを見れば今日は21.5度でしたから、普段なら十分ドライスーツを選択して快適なダイビングです。

でも陸がね・・・かなりアッチッチ。

潜る直前まで汗ダラダラで脱水状態になるんじゃないかっていうくらいでしたので、その状態でドライ着るのは躊躇します。

なので水温が25度になるまでの間、お天気がバリバリ良ければまた5mmウェットの下に1mmウェット、プラスしてドライネックベストを着る作戦にしてみます。

ウエイトは500gくらい足せばいいかくらいの変化です。

普段から少し重めにしている人はウエイト量は変えないでもいいくらい薄いスーツです。

数年前に試しておけばよかったな・・・

追記:

薄いの一枚内側に着ていると言っても色々で、ラッシュガードや裏起毛の生地とは暖かさの仕組みや保温の効果には違いがあります。

<気温:25℃ 水温:21.5℃ 透明度:30m>

キクメイシサンゴの凹凸の模様
キクメイシサンゴの形状がステキ
海藻の先端にいるミゾレウミウシ
ミゾレウミウシも小さかった
鮮やかなオレンジ色のカイメンの上にいるキイロイボウミウシ
キイロイボウミウシですか??
黄色いドット柄が可愛いケサガケベラの幼魚
ケサガケベラのチビちゃん
極小のホンノリイロウミウシ
ホンノリイロウミウシも小さかったな
子供の大きさのアミメジュズベリヒトデ
アミメジュズベリヒトデも小さかった
小さなダイアナウミウシ
ダイアナウミウシも小さかったな

◆旅行にお得な「しまぽ通貨」はぜひ使ってね
八丈島にお越しの際には是非「しまぽ通貨」をご利用ください。
本人認証はご自宅で事前登録だけ済ませておくと現地に来てからスムースですよ。
パッケージ旅行をクレジット決済する際には必ず「宿代を現地払い」にしてくださいね。
※宿代も含めて決済してしまうと現地でしまぽ通貨をご利用できませんのでご注意ください。

◆しまぽの使い方
https://shimapo.com/howtouse#howto-3

◆しまぽ発行ページ
https://ws.shimapo.com

↓「じゅ」のブログはたまに更新されます^^
https://ameblo.jp/umi8jo-cd/

器材の消耗品を交換するタイミングってどうやって決めましょうか

ダイバーが多く集まる連休の海辺などでは器材のトラブルをチラホラ目にします。

器材はどれも使っていようがいまいが経年劣化が起きますので、使っている器材なら尚更消耗は進み壊れる時がいつかやってきます。

器材が壊れる前の「キザシ」が分かれば海辺でのストレスも無くなります。

では器材の消耗部品を交換するタイミングってどうやって決めましょうか?

特にマスクストラップやフィンストラップのようなシリコン製品は「キザシ」をパッと見ただけではわかりにくいです。

必ず引っ張って見つけにくい兆しを見つけるようにしてみましょう。

シリコン製品はとても丈夫なので、購入してから5年たつけど一度も取り替えたことがないという方もいますし、2、3年しか使っていないけどこの前使う時に切れてしまったという方もいます。

いずれの場合も切れるまで気づかないことに変わりはないですね。

ではそうならないためにどうしましょう。

  1. ダイビングが全て終わり器材を洗っているときにストラップの折れ曲がってクセのついているところを中心に引っ張って亀裂がないか確認する
  2. 器材を干す時や片付けるときにマスクストラップもフィンストラップも一番伸ばした状態にして保管する習慣をつける
  3. 購入してから5年経過したら目をつぶって新しいストラップに交換する

1、シリコンという素材は亀裂が見つけにくいので、いつも折れ曲がっている場所を中心に引っ張って亀裂が出始めていないか目で確認しましょう。いつもダイビングが終了して器材を洗うときに確認しておけば、次回使うときは自信を持って使うことができます。

2、自分の器材はいつもストラップが止まる場所が同じなので、折れ曲がって痛む場所も決まっています。その場所を保管している時間も傷め続けないように緩めて解放してあげましょう。劣化が進むのは使っている時だけにして、保管している時の劣化を遅らせましょう

3、ストラップは器材の消耗品の中で高価なものではありません。時間を決めて交換しましょう。どんな些細なものでも新品になると気分もいいです。

ダイビング器材の消耗具合や交換時期などの見極めは難しいという方は、一度インストラクターに気軽に相談してみてください。

海に潜る前に器材のストレスをなくしておくことはとても大事なことだと思います。

黒いシリコンマスクストラップ
いつまでも使えると思ってしまう丈夫なシリコンですが・・・
黒いシリコンマスクストラップ
まだデコボコ山もすり減っていないし・・・
亀裂が入って使えねい黒いシリコンマスクストラップ
引っ張らないと気づかないので傷がどんどん進行します

◆旅行にお得な「しまぽ通貨」はぜひ使ってね
八丈島にお越しの際には是非「しまぽ通貨」をご利用ください。
本人認証はご自宅で事前登録だけ済ませておくと現地に来てからスムースですよ。
パッケージ旅行をクレジット決済する際には必ず「宿代を現地払い」にしてくださいね。
※宿代も含めて決済してしまうと現地でしまぽ通貨をご利用できませんのでご注意ください。

◆しまぽの使い方
https://shimapo.com/howtouse#howto-3

◆しまぽ発行ページ
https://ws.shimapo.com

↓「じゅ」のブログはたまに更新されます^^
https://ameblo.jp/umi8jo-cd/

海の中の造形物を楽しむためにデジカメや拡大鏡でマクロ的観察のススメ

水中の生き物は多種多様です。

泳ぎながら目に入ってくる生き物以外にも生物はたくさんいます。

魚以外は岩場の表面で生活していることが多く、魚のように泳ぎ回らないし目があるわけでもないので、植物なのか動物なのかはたまた生き物なのかすら気にされない存在だったりします。

そんな岩場の生き物たちに近づいてみると、とても多くの種類が密集して生活していることに気が付きます。

岩場本来の石の部分が見えているところなどほぼ無く生き物たちで埋め尽くされています。

単純に色の違いだけで判断してもそれらは隣り合っている別々の生き物であることが多く、色の数だけ生き物の種類があると思って間違いないです。

さらに色の中を見ていくと面白い形状をしていることも見えてきます。

複雑な迷路のような形状や規則性のある同一パターンなど生き物を見ているというよりは、アート作品を見ているかのようです。

それらの造形物を楽しむためにはその模様のように見える部分以外を助外して見ること。

その模様の部分に集中することです。

そのために必要なのがデジカメで写真を撮ってみることや拡大鏡でその部分を大きくして観察することです。

普段自分の目に見えている画角ではない狭い範囲をそこだけ気にしてみるマクロ的視点を取り入れて、水底生物の色や形状の魅力を発見してもらえたら嬉しいです。

「動かないけど動物」が好きな僕としては一緒に感動を共有したいです^^

色が綺麗なサンゴのポリプ
肉眼ではここまでポリプの形は見えないけど拡大することでキレイさ倍増です

◆旅行にお得な「しまぽ通貨」はぜひ使ってね
八丈島にお越しの際には是非「しまぽ通貨」をご利用ください。
本人認証はご自宅で事前登録だけ済ませておくと現地に来てからスムースですよ。
パッケージ旅行をクレジット決済する際には必ず「宿代を現地払い」にしてくださいね。
※宿代も含めて決済してしまうと現地でしまぽ通貨をご利用できませんのでご注意ください。

◆しまぽの使い方
https://shimapo.com/howtouse#howto-3

◆しまぽ発行ページ
https://ws.shimapo.com

↓「じゅ」のブログはたまに更新されます^^
https://ameblo.jp/umi8jo-cd/

レギュレーターは定期的にオーバーホールしておくと長持ちしますよ

レギュレーターはちゃんと定期的にオーバーホールをしましょう。

そうすれば部品を傷めずに長持ちします。

できれば毎年か2年に一度のサイクルでオーバーホールしてあげましょう。

長年放置しておくと外からではわからない内部の部品やネジ山の中に残った塩水が固形化して、それが接着剤のようになり部品がうまく外れずに傷めてしまう場合が出てきます。

塩を洗浄する時間が長くなると、メッキも剥がれて真鍮がむき出しになってしまい更に塩がつきやすい部品になっていきます。

そのような部品は、もう新品の時のような部品には戻りません。

しかし新品の頃から毎年のようにオーバーホールしているレギュレーターの内部の部品は10年以上経っても新品同様で綺麗です。

僕自身も「じゅ」もレンタル用のレギュレーターもちゃんとコマメにお手入れしているので無理なく分解できてパーツを傷めることがないので長年快適に使うことができています。

オーバーホールの大切さは、レギュレーターの部品を傷めないことだけではなく、ホースやマウスピースの劣化、使用頻度に見合わないフィルターの汚れ、ダストキャップの亀裂などもチェックして不具合を見つけるきっかけにもなります。

もちろんダイビングの終了時に器材を洗っているときにご自身でその辺りのチェックができたら良いですね。

次に使用するまでに交換しておいた方が良いものがもし見つかったならそれまでに準備もできて安心です。

経年劣化をご自身で判断するのが難しいといった場合でも、オーバーホールに出すことによってそのあたりのことは解決できます。

是非信頼できるお店と一緒に重要で大切なレギュレーターをお世話をしてあげてください。

楽しい水中世界を共にしている相棒です。

ご自身の健康管理と一緒とお考えいただけたら幸いです。

日本アクアラングのNAGIレギュレーターの交換パーツキット
日本アクのNAGIの交換パーツキットです
レギュレーターの分解した部品を並べています
各ネジ山に塩が残って白くなっているのがわかります
洗浄後の塩が落ちた綺麗なレギュレーターのパーツたち
毎年のようにオーバーホールしているので塩さえ落とせば新品のように綺麗なパーツたち
日本アクアラングのNAGIレギュレーターのセカンドステージを分解して並べてあります
Oリングは潰れてネジ山には塩がついています
塩のついたレギュレーターのセカンドステージ
この塩を放置しずぎるとネジ山が回らなくなり外す際に部品を傷めることがあります
塩を落として新品同様のレギュレーターの部品
でも毎年のようにオーバーホールしているので塩も簡単に落ちて部品を傷めません

◆旅行にお得な「しまぽ通貨」はぜひ使ってね
八丈島にお越しの際には是非「しまぽ通貨」をご利用ください。
本人認証はご自宅で事前登録だけ済ませておくと現地に来てからスムースですよ。
パッケージ旅行をクレジット決済する際には必ず「宿代を現地払い」にしてくださいね。
※宿代も含めて決済してしまうと現地でしまぽ通貨をご利用できませんのでご注意ください。

しまぽの使い方
https://shimapo.com/howtouse#howto-3

しまぽ発行ページ
https://ws.shimapo.com

↓「じゅ」のブログはたまに更新されます^^
https://ameblo.jp/umi8jo-cd/