クマドリカエルアンコウの行動範囲

なんでしょうね、このウネリ・・・

どんなに揺れてもスクーターだから気にならないもんね^^

沖まで一気に出て、そこでスクーターを下ろして生き物探しです。

昨日モロダシだったクマドリカエルアンコウは1mほど移動していました。それでも一週間前に見かけた場所でほぼ動かずです。

見つけた時はヒラヒラと歩いているシーンなので、よっぽどどこかにいなくなってしまうのではと心配になりますが、ほぼ同じところをウロウロしてくれています。

沖の白いイロカエルアンコウもようやく目に入りました。いるいるとは言われていても、全く視界に入らなかったのですが、昨日はなんとか確認できました。

真っ白なボディはクマケロもイロケロも一緒なのですが、イロケロの方はイタボヤに擬態しているつもりなのか、模様がソックリ。

カイメン派とイタボヤ派、それぞれ好みがあるんだろうか・・・

「じゅ」のブログも見てみてね^^
https://ameblo.jp/umi8jo-cd/

<気温:18℃ 水温:20℃ 透明度:20m>

赤い海藻のふりをしているクマドリカエルアンコウ
クマドリカエルアンコウ歩いてました
イタボヤに似せているイロカエルアンコウ
イロカエルアンコウ
イソギンチャクを布団のように使っているクマノミ
毛布にくるまってるクマノミ
タキベラの幼魚も出始めました
タキベラの幼魚
ダイビングカテゴリーの記事